女の一生 男の一生

0F17BDD8-2E71-4B5C-9C17-9FA23EA13E4D.jpg


昨日は寒かったですね~
東京で11月に雪が降ったのは50年以上前のこととか、、、。
かなり長い時間降っていましたが、屋根がうっすら白くなる程度ですみました。


寒かったので、暖かなお鍋もよかったのですが、お疲れパパさんはご近所がいいというので、
ここのところお気に入りのお店へ。

お店の奥様のお母さまが書をなさる方で、
昨夜は、竹の紙に書かれた作品を見せて頂きました。

絵馬師 殿村進さんの詩です。


 「女の一生」

  二十代は 美しく

  三十代は 強く

  四十代は 賢く

  五十代は 豊かに

  六十代は 健康に

  七十代は しなやかに

  八十代は つややかに

  九十代は 愛らしく

  そして いぶし銀のように 美しい 百歳へ


RIN♪ちゃんは来月9歳なので、人間でいうと50歳程度。

うふふ~豊にね(≧▽≦)


調べてみると、男の一生もありました。


 「 男の一生」   
             
  二十代は 志を高く

  三十代は 仕事に燃え

  四十代は 功を焦らず

  五十代は 寛容をくいて

  六十代は 引き際よく

  七十代は 時を遊び

  八十代は 自由を楽しみ

  九十代は、悠々自適に
 
  そして いぶし銀のように 幽玄の境地の百歳へ


50代のパパ

寛容をくいるってどういゆうこの????

寛容にではなく悔いるの?





◇「鮨 落あい」
          
          

この記事へのコメント